大人の思春期・光ブログ

妄想力と酒と笑いだけを持って人生を冒険中

【妄想生物学】ゴキブリの毒進化の可能性

 

数日前、twitterのタイムラインを観ていたら

こんなつぶやきがあった。

「これ以上ゴキブリが攻撃を受けストレスを溜め込んだら毒を噴出できるように進化するかもしれないらしい」

 

\(◎o◎)/!

マジかよ!!!!

 

ということでゴキブリについて考えてみた。

 

ゴキブリと人の闘い

ゴキブリは人間に嫌われてる虫でダントツ1位を長年保持している。

ある意味存在感が凄い虫である。

ゴキブリと人の闘いの歴史はお互いの進化を引き起こす。

 

何故?ゴキブリは嫌われるのか?!

人は見た目の印象でモノをはかる愚かさをもっている。

合コンで一緒になった女性陣もまだ乾杯前の男子メンバーの姿みて

「今日はないわ~」って言ってたし(--;)

人は見た目の印象超重視なのである。

 

理由①見た目が不気味

  色の具合が絶妙に不気味。黒のようなこげ茶色が何層にも重なったような・・・

  そしてあのツヤ感とマット感の絶妙に鳥肌立つ感じ!!

  ホントに絶妙!!

 

理由②動きがキモイ

  せかせかしているのと、動きが思ったより素早い!!!

  羽あるのにひたすら足動かして移動。

 

理由③不潔なイメージ

  家の薄暗いところに生息しているイメージ。生ごみ食べてるイメージ。

  故にゴキブリが出る家=不潔みたいな自己嫌悪の気持ちを人に与える

 

理由④生命力の強さ

  ゴキブリは生物界でも最強クラスの生命力と言われているからではないだろうか?

  水1滴、髪の毛1本でも充分生きながらえるという話は有名。

  不気味に強いので恐怖心を人に与える。

 

見た目の不気味さ、動きのキモさ、清潔感の無さ、しつこさ・・・・

これって人に嫌われる要素ばっかりだよ(;;)ゴキブリに限らず・・・

 

 

ゴキブリと遭遇した時の人の反応

①見ないふり

②とりあえず捕まえて外に投げる

③殺虫剤でコロす

④叩いてコロす

⑤食器用洗剤をかけて窒息死させる

 

そして多く場合③~⑤を選択するのではなかろうか?

私が実際に自分や家族や友人達を見てきた経験からほぼほぼ退治する派ばかりだ。

 

キンチョールと私

私は田舎住まい故に夏には虫に遭遇する

以前勤めていた会社の店舗がまさに夜も明るいので

虫が大量に寄ってくる地獄絵図だった。

そんな中私は常にキンチョールとハエ叩き1本で戦ってきた。

ゴキブリもキンチョールで倒してきた。

 

 ゴキブリはもちろん 蜂まで抹殺してきた。

 

ここで1つ言っておこう。

私は無差別に虫をコロしたりはしない。

ルールを決めている。

 

「室内に入ってきた虫は抹殺する」

※私は増殖力のあるモノに恐怖を感じるのだ。

 この1匹を見過ごしたら後日数百に増殖する・・・みたいな恐怖に耐えられない・・・

 

キンチョールの万能具合はホントに凄い!

まさに化学兵器といえる。

なんなら「これ、私もヤバくね?!」くらいの危機感がいつもある。

このくらいどんな虫にも勝てるのだ。

 

ゴキブリの逆襲的進化

私はキンチョールを装備して戦っているが

他の方もこういったゴキブリ退治のスプレー缶をお使いの方が多いと思う。

 

そこで思い出される危惧は「イナゴの大量発生」という歴史にみる

虫たちの進化の速さだ。

環境への適応能力を交配の度、次世代種になるたびに強化している。

イナゴの大量発生などはそれまでの殺虫剤が効かない種の大量発生によるのだ。

殺虫剤で大量死にいたったイナゴの残された耐久力・免疫力ある生体が

次の殺虫剤に強い子孫を残す。

 

といったことがゴキブリにもおこる可能性がある恐怖(++;)

 

そんな中目にしたあのツイートである。

「ゴキブリがこれ以上攻撃うけたら毒を噴出するようになる」

 

・・・・無くはない話だな・・と私は思った。

世の中に猛毒生物なんてたくさんいるし

ゴキブリだって毒位作れるだろう。

いつかゴキブリを攻撃したら毒の体液を噴出するかもしれない!

 

でも、その前に私の進化論をゴキブリに聞いてほしいと思う。

 

毒を作る前に飛べ!!

ホントに私の敵ともいえるゴキブリにこんなアドバイスしたくはないんだけど

彼らは毒をつくる肉体に改造する前にもっと効果的にできることがある!

 

無いモノを求めるより

今あるモノを活用するのだ!

※意識高い系ゴキブリ

 

羽だ!

羽があるのに飛ばぬのは愚かななり!!!

 

私が闘ってきたゴキブリのほとんどは飛ばない。

数回飛ばれた時は悲鳴を上げてしまった私(++;)

 

ゴキブリが飛んできたときの人へ与えるダメージは相当でかい!

恐怖を与えられると相手は弱る。

 

今までの経験上、どうやらゴキブリは高く壁を登った時に

そこから滑空するかんじでしか飛ばないようだが

見た目でいえばクワガタあたりと大差はないので

飛べるようになる筈だ。

 

飛べたら彼らはもっと広い世界にいける!

 

単独ではなく複数で動け!

ゴキブリは常に単独でしか遭遇しないが本当はもっと仲間がいるはずだ。

どこかに潜んでいる。

1匹のゴキブリに対しては人は強気でいられる。

だが10匹、20匹、30匹とまとまってこられたら逃げる、それが人というものだ。

 

まとめ

ゴキブリが本気で進化する前に人も備えましょう!

ゴキブリがでて「こわ~い」とかいって私の背中にしがみつく女たちよ!

 

大丈夫!お前は充分な戦闘能力をもった女だよ!!

 

私はゴキブリが進化しようともキンチョールの進化も信じているから

負けないのだ!

 

私のキンチョールに対する信頼はめちゃくちゃ熱い。

一緒に戦ってきた実績があるからね。

信頼とはこうして築いていくモノなのかもしれない。。そんな夏です。