大人の思春期・光ブログ

妄想力と酒と笑いだけを持って人生を冒険中

「好きなことだけで生きていく。」堀江貴文さんを誤解していた件

f:id:mousoumajyo:20170823143921p:plain

※一応堀江さんの顔かいたつもりです

twitterで私のフォローしている方々がたびたび堀江さんの本を話題にするので

本屋さんに走って買って読んでみた話。

「多動力」買に行ったらなかったのでこちらを買ってきました。

  

※画像クリックでアマゾンにて購入できます。

 

 

堀江貴文という人間を誤解していた私

この本を読むまで堀江さんの著書に触れたことがなく

テレビでの発言やライブドア時代のメディアでのイメージしかなかった。。

 

◆この本を読む以前のイメージは以下のようなモノでした。

・頭のキレる自信家

・お金儲けが好きでゲームのように楽しんでいる

・傲慢で自分よりバカな人は相手にしない

・失礼な発言が多い

※めっちゃ勝手に失礼なイメージもってました。すいません。

 

◆そして「好きなことだけで生きていく」読後のイメージ

・ものすごく自分の思いに素直

・自分も人も楽しませることでいつもワクワクしている

・「ギブ・ギブ・ギブ」のとことん人に与える精神

・お金自体に興味は無い お金は道具とわかっている

・結局人の面倒をみてしまう「おせっかい好き」である

・人生をめいっぱい楽しんで遊んでいる

・めちゃくちゃ慕われている

・ただ有名人だけあって知名度を利用しようとかあやかろうと

 すり寄ってくる人も多いので見極めとドライな部分もある

 (※これは人として当然です)

 

私から見ると時代の寵児というか

ネット時代・情報時代に知名度を上げ影響力・発信力を持ち

勝ち組代表みたいなちょっとヒールなイメージだったホリエモン

今はその行動力・決断力・面白いことバンバンやっちゃう人生・人が寄ってくる人望

などすべてが羨ましい存在です。

でも納得です。だって彼は有言実行で結果を出しているんですもん。

 

好きなことだけで生きていく方法

・どんどん好きなこと・没頭できることを突き詰めていってその道のプロになる

・好きなことを楽しんでどんどん発信していく

・どんどん行動して失敗したら改善して結果を出していく

・行動しながら学んでいく

・99%の人は行動に移さないので 行動に移すことで1%の成功者になれる

・まずはどんどん好きなことを楽しんで人に有益なことを

 ギブギブギブの精神で与えまくるとお金は後からついてくる

 

これからの社会の働き方

これはホリエモンの本を読む前からここ数年で私も感じていたことですが

この本を読んで確信したこと。

・AIを使いこなす側になる

・会社に所属して大きな仕組みの中の一つの歯車ではなく個人の稼ぐ力が問われる時代になっていく

・個人の発信力・影響力・発想力が大きな価値を生む

・個人のその価値が生活レベルに直に影響してくる

 

プラスで他の本から

・今後はますます外貨を稼げる人(海外で稼げる人)が当たり前の存在になる

 

ホリエモンのから得た刺激

とにかく悩んで動けないなら 行動して失敗してみる。

失敗からは学びがあるが行動しないことは後悔しか生まない。

人に笑われたとしてもそんなこと別に痛くもない。

ネット社会だからこそリアルに動き、リアルに一次情報を獲りに行く。

発信にはネットとリアルをフル活用!

 

人から「バカだな~あいつ」って思われてもいいや

とにかく行動・行動・行動あるのみ!

ダサくてもかっこ悪くても自分でやりたい事やってみます。

 

大衆酒場で心理学語る飲み会とかいいかも。

恋愛心理学・雑学的おもしろ心理学とかつかって

「人のいいところ探しと褒める天才を増やしたいわ」

 

面白いことする人の集まりもいいですね。

ホリエモン大学はそんな場ですね。

 

読みたかった本も貼っておきます。

※地元の本屋さんがつぶれないように本はできるだけ地元で買う派です。

 なのでこちらは買にいったけど在庫なかった「多動力」です。

 

 堀江さんの本は読みやすいけど刺激と学びが多いのでおすすめです。

本当は本人に会ってお話聞きたいけど本でもおしみなく

考えを語ってくれています。