大人の思春期・光ブログ

妄想力と酒と笑いだけを持って人生を冒険中

【「好きなことだけやって生きていく」という提案】を読んだ第二思春期後の私②

f:id:mousoumajyo:20170828105426p:plain

 

前の投稿の続きです。

 

報道されないけど大きく社会が変わる予感

テレビやネットニュースだけだとわかりずらいのですが

もうだいぶ親切な方々が危機感もって話してくれてます。

私も貧乏彼氏を支えようと「稼ごう」と決意してから

稼ぐ力を持ちたい!ってお金の勉強からはじまって

世の中の儲けの仕組みや世界経済について以前よりは

視野が広がった状態です。

止まらない人口減少の日本とかつての途上国・興新国の経済発展の勢い

世界人口の伸び・・・などから考えていくと

日本の雇用形態や働き方など大きく変わってくると私でも予感できます。

 

個人が企業の歯車になって組織で攻めていき巨大化して行く時代ではなく

個人の稼ぐ力が問われる・個人で海外で稼ぐ力が生活の豊かさに直結していく。

そんな予感がしています。

 

大きい組織・人の多いピラミッド型の会社は資本力があっても身軽に動けない。

大きい会社は巨大化していかないと利益を上げ続けていくのが難しい。

 

個人の力が問われる時代

そして今はモノがあふれているので新しいサービスや商品を

ここだという需要がみえたポイントでどんどん出していき変化していく必要がある。

個人のアイディアと実行力や発信力や影響力の時代ですね。

わかっているけど・・・

私は何ができるんだろうか?

 

そんな時に堀江さんの本に続き読んだ本がこちらでした。

 

 

 ※画像クリックでアマゾンで購入できます。

 

この本を1回目読んでいるときはまだ第二思春期の真っ只中でした。

すっかり忘れていた新卒入社した会社での配属された部署の先輩女性たちの

陰湿な新人イジメに耐え抜いたと時の記憶も蘇り本当にモヤモヤしてました。

 

ですが第二思春期を終えて世の中の多様性や人の数だけ生き方の軸があること

人の数だけ正しさも優先すべきこともあることがわかり、

自分は自分の人生に集中して選択していけばいいとわかてから2回目読んでみたんです。

 

私の「好きなことだけやって生きていく」方法

この本を読んでとにかく「好きなこと」を増やしてみる・好きなことを探すゲームのように毎日を楽しんでみるということを意識してみてわかってきました。

teitterなどでもとにかく得意分野や好きなことを発信してるいろいろな人をみて

まずは真似しようと。

 

誰かをまるっと真似するって意味でなく

「自分の好きなこと・興味あることについてどんどんリアルでもネットでも

発信していこう!」

とそこからつながる縁もあるだろうし、共感してくれる人と組んで面白いモノ作れるかもしれないし、新しい商品アイディア創作できるかもしれない!

 

ということで

気になったこと・好きなこと・興味あることを

マニアックでも「あいつバカだな~」とか思われても恥ずかしがらず、かっこつけず

発信し続けていこうと思います。

 

恋愛・恋愛心理学・お金の話・コミュニケーション能力アップ・お酒にグルメ

温泉に旅行・趣味の写真(狛犬や街の変なモノ集め)などなど

映画やサブカル、二丁目でのアイドルナイト経験・六本木でのperfumeナイト体験

ヒルズクラブでのワイン会などなど

まーいろいろ書いて行こうと思います。

 

かっこつかないでバカになって人生冒険していきます。

世の中の大きな仕掛けの中で踊らされているようで自分で楽しんで踊っていく。

 

それではみなさん、改めましてよろしく願いいたします。