大人の思春期・光ブログ

妄想力と酒と笑いだけを持って人生を冒険中

「ブランディング」とはキラキラ自撮りギラギラ私生活をSNS投稿することなのか?

f:id:mousoumajyo:20170901094028p:plain

 

キラキラ起業家女子にブランディングを教えられる

私は「ブランディング」という言葉とそれをやたらいう人たちを知ったのは

アメブロだった。

アメブロでは起業ブームが巻き起こっていた(※2~3年くらい前が全盛期かな?)

今もおこっているが成功しているのは有名どころの鈴木さんや向井さんとか

ブーム初期に台頭してきた勢力一派だけではなかろうか?

でも今もアメブロで女子の起業ブームは継続中っぽい。

 

そんな中アメブロでブログを書いていてアクセスが全く伸びないので

「アクセスアップ講座」(※内容にしては高額)に行ってみて

キラキラ起業家の女性にお会いした。

そこで言われたブランディングとうのが私が思う「ブランド」という言葉が起源であろうブランディングとはまったく違ったのでびっくりした。

 

毎日FBには3回、ブログ、インスタに自撮り写真アップして顔を覚えてもらう。

FBは友達5000人にする(講師と同類のキラキラ起業家アカの友達にどんどん友達申請しろ)、アメブロの読者登録1000人にしろ(毎日自分から50人、いいね300人しろ)

そんな内容だった。

「とにかく多くの人と繋がり顔を覚えてもらえ!」ということらしい。

 

教えを実行できなかった私の感じた違和感

私には知らぬ人とむやみやたらに数だけ繋がって自分の自撮りを毎日アップするとか

「迷惑行為」にしか思えなかったのです。

 

ですが、ブログセミナーをしている彼女の本来の商品は「起業コンサル」

で40万円のサロン、そこの生徒(?)さんは忠実に守って行動し

起業してすぐに月商7桁いったと報告してたので肌に合う人もいるようです。

 

個人の価値観の問題なんでしょう。私には違和感とむしろ罪悪感さえあったので

無理でした。

 

たぶんネットで共感したり、感心した方と交流してつながっていくのは知らない者同士でもいいと思うんです。

ただやみくもに突然友達申請を毎日朝昼晩で各10人で1日30人・・・無理でした。

 

ブランディングしている人が同じに見えてコピーに見える

そして「ブランディング」という唯一無二の価値ある存在になるイメージが

ぶっ壊されていきます。

みな同じに見えるのです。

髪型、服装、SNSでの発信内容、私生活ぜーーーーんぶ似てるし

同じにみえる!!どの女性起業家も!!

 

ブランディング」って何???

と疑問がふくらみ前にも書いた【大人になってからの第二思春期】に突入していく私。

 

ブランディングブランディングいう人って必ず

「シャネル」「エルメス」有名ブランドだしてくるんですけど

もうブランド理念とかではなく

知名度と高価な商品が売れる」ってところだけ求めてるんじゃねーか?!

と思ってしまう私がいます(--;)

 

ブランディング、メンター、ビジネスってやたらいう人

ブランディングという言葉に感じた違和感と同じものを

「メンター」「ビジネス」という言葉をやたらいう人も恐怖感じます。

 

メンターって師匠とかじゃだめなの?

メンター、メンターいう人からは個人名を聞かないのですが

メンターって闇の世界の人なの?

ハリーポッターにでてきたディメンターっぽいね。

 

第二思春期あけにすっきりした解説に出会う

とある本を読んでいたら

ブランディング思考とは一貫たメッセージを発信し続ける事」と書いてあった!

つまりブレない信念・理念・誇りをもって仕事する。

結果 その仕事の価値を認めてくれる人が増えていく

そして誰にも真似できない唯一の価値在るモノを提供し続けられる

 

これはどえらく納得しました。

 

私の結論

キラキラ自撮り、ギラギラ私生活もそこに信念と理念があるなら

10年20年と続けたらとても価値ある存在になっているのかも??

 

SNSは自由に楽しめばいいけどブランディングに使うなら

やみくもにテロのように人と誰でもいいからつながって得る知名度

見せかけの生活ではあまり意味がない。

 

まだまだ疑問はたくさんあるのでいろいろ解決していきたいと思います。

自分の頭で考える事が大事ですね。