大人の思春期・光ブログ

妄想力と酒と笑いだけを持って人生を冒険中

【貧富の格差】お客様は神なのか?!傲慢な神が日本のサービス業を破滅される日

f:id:mousoumajyo:20170905153447p:plain

 

日本の安くて質のいいサービスの変貌

日本のサービスは本当に安い価格で高品質だと思います。

特に私のような庶民からすると安くて美味しいせんべろ酒場や

ファミレス、チェーン店の飲食店各種、ユニクロやGUなんかも感謝です。

そして気が付いている人も多いと思いますが

そんな安くて質のいいサービスが崩壊しかけています。

 

アマゾンの変化とヤマトの値上げ

佐川急便がアマゾンとの提携をやめたというニュースからヤマト運輸が新しく

アマゾンと契約したことを知り私は不安だった。

佐川急便がねをあげたアマゾンの配達を引き受けて・・・ヤマト運輸は大丈夫か??

 

そんなニュースから昨年の年末に恐れている事件が起きた。

取引先の会社がヤマト運輸で出荷してくれた荷物が1週間しても撞着しないのだ・・

HPで荷物番号で検索すると「配送中」とでる。

クリスマス時期であり年末は宅配業界も一番の繁忙期だろうから

私もせかさず、問い合わせを躊躇したことも悪いのだが。。

思い切って問い合わせたところ「遅れていますが配送中です」と言われ

念をおして「遅れてもいいのですが紛失してるってことは無いですよね?」と聞いたら

「それは大丈夫です」と返答が。

そして2日後の夕方にまだ届かないのでもう一度ヤマト運輸へ電話したら

「荷物をなくしてしまったようです。荷の依頼主にお願いして再出荷してもらいます」

という返答が来てびっくりした。

 

そこからがホントに大変でこっちから向こうの会社にも連絡して

てんやわんやの内になんとかこっちの顧客に納品できたのですが

人生初の荷物が届かないという体験。しかももうどこにいったかわからないという結末。

 

大事な1点モノとかだったらどうするんだろうか?

 

佐川急便のセールスドライバーによる荷物ぶん投げ事件

これもワイドショーやニュース番組でずいぶん取り上げられ

宅配業界の闇がとりだたされるようになりましたね。

再配達問題、長時間労働問題・・・

 

そもそもの話、700円位の送料で関東圏内なら翌日には到着とか

本当に凄いサービスですよね。

 

格安居酒屋、マクドナルド、などバイトが外国人学生

日本の庶民の味方のサービスを支えてくれているバイト労働者が

外国人の若い人が多くなってきていることを都内に住んでいる方は

お気づきだと思います。

今やそういった店でバイトしたがる日本人が少ないということもあります。

 

ですが日本人が働きたがらないという陰でどんどん日本語もできる外国人学生労働者が

増えていくと日本国内でもこの先普通に考えれば

数か国語できて日本での職場経験ある彼らの方が魅力的人材になっていくのでは?

という危機感もあります。

 

安くて高品質サービスを破壊する「お客さま」という神様

働く側からしてもこの安くて質の高いサービスを提供する現場は避けられる傾向にありますが、企業側も徐々にこの一般庶民層から富裕層へターゲットを変更する傾向が

強くなっています。

 

神様化したお客が横暴になったり攻撃的になったり

モンスター化したため、利益の割に合わないようになってきた!

コンビニ店員に土下座強要事件とかホントに恐ろしいですもん。

 

ことが多いんではないでしょうか?

企業は「クレーム」に怯えています。

現場は疲弊しています。

 

神様お客様が邪神になった結果、

我々庶民はどの企業からも相手にされなくなり

安くて良いサービスはどんどん受けられなくなっていくでしょう。

 

安くて質のいいサービスを今後も期待するなら感謝を

お客様は神様と店側が思うことはあっても

お客という立場の人が自分から「神様として扱え」と強要することではありません。

 

「お金を払うお客側」も「サービスを提供するお店側」も立場は同等です。

お金は受けたサービスや商品の対価としての交換物でしかありません。

お金を払う側が偉いという発想は貧しいのです。

「お金を持っている人が偉い」と同じ貧しい発想です。

 

サービスを受けたら感謝することで

「ありがとう」「ごちそうさま」「また来ます」とか伝える事で

お金以上のモノをサービスを提供してくださった側にも贈ることができます。

 

仕事で得られた感謝は励みや誇りになります。

やりがいにつながります。

 

※もちろんブラック企業で無理して働く人を褒めてたたえろってことではありません。

 

お客様が神様なら働く人に喜びを提供しましょう

信仰とは本来自由なのです。

お客としての私やあなたを神様と思うかは店側・サービス提供側が決めていいのです。

どうせなら姿を見せたら喜ばれる神様になりませんか?

 

私自身ながく低賃金接客業にいた経験あるのでわかります。

お客様に褒められたり、喜んでもらえたり、「ありがとう」と声をかけていただくと

めちゃくちゃ嬉しいです。

 

これからも良いサービスを受けていけますように。