大人の思春期・光ブログ

妄想力と酒と笑いだけを持って人生を冒険中

日本人の性欲が本能的になっている~オフパコ文化と性欲強太郎さん

f:id:mousoumajyo:20170908110710p:plain

 

 

世の中は思ったより多面性

私は最近いかに自分がものすごーーーーーく

偏った常識を当たり前に信じていたこと気が付きはじめている。

昨年から常識というか信じてきたことがどんどんぶっ壊されていて

正直しんどい時もある。

 

性善説を捨てた時も「いい人」で生きることを捨てた時もそうだったし、

世の中にはたくさんの差別やヒエラルキーの強要があることもそうだ。

 

そして今回は日本人のセック●事情も。

その私の世界の認識を変えてくれたのがtwitterで発見した性欲強太郎さんだ。

性欲 強太郎 (@seiyokukyotarou) | Twitter

 

性欲強太郎さんを知る以前の私の認識

お恥ずかしながら田舎で貧乏ながら真面目で愛情深く両親に育てられた私は

ひとりっこ故の独自性やわがまま思考は在りながらも

のほほんと水戸黄門やテレビドラマや子供向けアニメの「勧善懲悪」な世界を

昨年まで信じておりました。。。まー多くのクセやアクの強い人に出会ってきましたが

逆にそういった人はなんだかんだ素直なんですよね。

 

まー性善説を捨てた話で書いているので細かいところは省きまして、

実は私の中での肉体関係も「愛してるパートナーとしかしない」のが普通と思っていました。

めっちゃ好き→恋愛関係になる→肉体関係

という流れが普通と思っておりました。

んで、一部にその行為自体が好きな人・抑えられない強い性欲をもった人々がいる。

簡単にこんな認識でした。

 

あとネットニュースなど見ると最近の若者のセック●離れとか、恋愛面倒くさい意識も

「あーそうなんだ~」とどこか納得しておりました。

 

 

性欲強太郎さんの漫画に出会い衝撃

そんな中最近知ったのが先に紹介した

性欲 強太郎 (@seiyokukyotarou) | Twitter

さんなのであります。

 

オフパコで100人超えの体験を漫画で描いておられます。

漫画もなんかヘンに気になる画風であることと

突如、漫画のクオリティがグググン!と上がったところなど

気になるポイントが多い!

 

そしてものすごく女性からの依頼(?)が多いことにも驚いております。

そしてどんな年齢のどんな外見の女性でも基本断らない強太郎さん!

漫画を見る限りけっこう女性に対して丁寧な対応している印象があり

そこがまた以外だったのです!

 

もっとこういったオフパコだろうがネットのヤリ●●だろうが

みんな相手への思いやりというか気遣いは無いもんだと思っていました。

お互いに己の欲を満たすことに夢中なイメージでした。

あとこういったネットナンパ男性ってどこか女性を見下している気もしておりました。

「やってやったぜ」「喰ってやったぜ」的なイメージを抱いておりました。

 

女性ももっと不安定で心が弱っている人とか多いのかと思っていたが

けっこうライトに行為したい人や未経験卒業希望者や行為を上達したい人など

いたって健康的な人が多いんですな。

美人や可愛い女子も多いらしいです。

大好きな彼氏がいる美人とかもね。

 

日本人も本能的に楽しんでいる性に積極的民族なのかも

本能の性欲・・・より強い子を残すためにより優れた異性を探す。

そんな命のリレー的な本能的に多くの異性を求める性欲を日本人も強く持っていて

本能のままに明るく楽しんでいる人っていうのが昔から実は多いのかも・・

 

twitterで「暇な女子大生」が有名になったけど

今まではこういった話はみんな公にしなかっただけなんだろうね。

性欲強太郎さんが短期間で100人超えしてフォロワーも15000人以上であることからも

「もしかして・・私がめちゃくちゃ少数派なだけかも・・」

とも思い始めております。

 

あと強太郎さんの「動画撮影」もけっこう女性たちがOKしていることにも

衝撃を受けております。

警戒心は?? そんなに初めてあったしかもヤリ目な人すぐ信用できるの??

もしかしたらそんな動画がもし流出したとしても気にしないのかな??

 

私が思うよりも日本人は開放的で陽気な民族なのかもしれない・・

 

結局は真実も常識も当たり前も個人の「認識」なだけ

こうして今回のことで完全に私はこう思うことにしました。

「この世には1つの真実や常識や当たり前ってことは無い。あるのは自分の認識だけ」

そう思うと

私は「人として正しくあること」に無意識に固執してたなぁと思います。

もちろん自分が今後も正しく生きる事は大事にしますが

私の思う「正しくあること」を人に期待したり押し付けたりしないように

もっと気をつけようと思いました。