大人の思春期・光ブログ

妄想力と酒と笑いだけを持って人生を冒険中

【書いて覚える勉強法】読書しながらノートにまとめる インプットしながらアウトプット

f:id:mousoumajyo:20170904114602p:plain

昭和生まれなのでノートに書いて自分なりにまとめなおしてアウトプットが

一番頭にすんなり入ります(^^)

ノートに書いて覚える勉強はやはりおすすめです。

 

手を動かすことで脳に刻まれやすくなる

記憶に残したり、潜在意識に刻み込むときなど

「からだを動かしながらイメージを思い描くと効果的!」

ときていたんですが納得です!

 

私の場合はこの手書きノートまとめ学習が一番身に着く速度が速いです。

はじめは書くときに自分なりに本の内容をまとめるからかな?

とその効果だけの影響かと思ってたんですが手を動かすってやっぱり

脳が活性化します!

これは実感しました(^^)

 

指先の刺激は一番脳にダイレクトに効くかもしれません。

 

本は2度読む

1度目はまず集中して読みます。

目次からしっかり読んで構成を知るところからはじめます。

 

1度目は本当に内容を楽しむためだけに集中します。

できれば数時間で一気に読むと集中したまま

著者の意図した流れで情報が入ってくるのでお勧めです。

 

新しい情報や新しい発想や新しい視点など

とにかくワクワクしながら本を楽しむためだけの読書です。

 

2回目はノートにまとめながら読む

内容の大事な部分を自分なりに見やすくノートにまとめます。

イメージとしては、読んだ本を人に説明しかり解説するための資料つくり

です。

「ここは是非知ってほしいな!」って部分は目立つようにしたり。

 

でも学校で授業中にノートとってた感じでもいいと思います。

この時に目次がめちゃくちゃ役立ちますので2回目もまずは

目次からしっかり読んでくださいね。

 

2~3色使って視覚効果からデザイン力もアップ

人に読んだ本をプレゼンするときの資料のようにつくる

といったのはこの視覚的なわかりやすさも大事だからです。

私はペンを3本つかってまとめています。

 

本の内容をわかりやすく手短に簡潔にまとめながら

視覚的な効果を意識しています。

PDFで書き起こしたらそのままプレゼンでモニターに

映し出しても使えるイメージを目指しています。

 

書いて覚えると思考の整理も簡単になる

私の場合なのですが

読みながら脳内でまとめるよりもノートに手書きでまとめた方が

綺麗にまとまって脳内に刻まれます。

 

本の内容を体感しているというか、実際に体験した気分で

覚えられます。読むのが2度目なので理解力も増して深堀が自然とできているのかも

しれないですね。

 

作者・著者の真意に1回目よりグーン!とちかくまで迫れた気がします。

身体と脳を同時に使うとインプットと同時にアウトプットそしてさらに

まとめたモノをインプットできます。

昭和世代の学習法もなかなかいいもんです。再評価しています。

パソコンで打ち込むよりもまずは手書きまとめが私にはあっているようです。