大人の思春期・光ブログ

妄想力と酒と笑いだけを持って人生を冒険中

【情弱脱出】孫正義の脳の使い方・思考に近づく方法

f:id:mousoumajyo:20170915140719p:plain

 

天才というか「できる人」の脳の使い方・思考術に少しでも近づけないか?

そんなことを考えていたら偶然にもたまたまできる人の思考術に触れることが

できました!!

そしてかなり感銘をうけました。

人の脳はムーアの法則を超えるね。

AIの進化も怖くなく楽しみになるくらい人の脳は使い方次第で

幾何級数的に伸びる可能性があると思えた。

 

 

そもそも同じ人間なのになぜ私と孫正義はこんなに違うのか?

そんな疑問をもった人は多いんじゃなかろうか?

もともと実家が裕福でその資産を元にソフトバンクを・・ってひとじゃないんですよね。

lets-business.com

 

こちらの記事が読みやすくておすすめです。

 

今も海外で先行投資したり攻めの姿勢を崩さない孫さん。

もちろん行動力・実行力が素晴らしいということは結果にでています。

そこで気になるのがどれだけの情報を毎日彼の脳内では処理しているのか?

判断力・行動力の元になる脳内での思考や情報分析はどんな速度なのか?

 

同じ人間でどうして人生がこうも違うのか?

そんな疑問からできる人・超一流の人の脳の使い方に興味をもったのです。

 

できる人は1日144時間使える

まず驚いたのは、できる人というのは時間の感覚が私とまったく逆なのです。

考える速度を上げる・・・ではなく1日24時間という縛りを超えているのです。

結果的にこの時間の感覚を24時間思考からの縛りを抜けることで

私の10分は彼らの1時間と同じなのです。

そのくらい違います。

ですので彼らは1日144時間あるのです。

そして私から見たら彼らの脳の処理スピードは6倍という結果になります。

時間という観念を書き換えることで6~10倍くらいの脳の処理速度は

可能ということなのです。

集中力で一時の処理速度を上げるのではなく時間の観念を変えて

常に高い処理速度をキープできるのです。

※そうとうトリッキーな話に聞こえる方となるほどと感覚的に理解できる方が

いると思うのですがこれまで私のブログを読んでくださってて

【1つの真実はなくあるのは個人の「認識」だけ・・】という感覚がわかる方には

共感いただけるかな・・と思います。

 

その先が超人の世界です

時間の観念を変え脳の処理スピードを凡人の私の6倍~10倍にしたその先が

さらに加速度的にスピードアップしていきます。

 

聖徳太子ではないのですがどうやら「できる人」達は

並行して同時に複数の事を無意識に考えられるそうです。

脳内で同時に複数を情報処理できるんですって!!

 

といっても実はこれ凡人の私でもこの同時に無意識に複数処理は

時折やっているのです。自動車運転とか。

 

ですが通常の6倍の処理スピードを実現したうえでこの同時処理まで

はまだまだ私には無理なのです。

 

見ている視点が違う

更にできる人と私の脳の使い方の違いは

情報の集め方からして違うのです。

私が歩いて自分の目で確認できる視界の中の情報を集めているのに対し

孫さんのような人は宇宙船やら地球を見下ろすレベルで情報を集めているのです。

視点の高さが全然違うので見えてる範囲の広さが桁違いなのです(;;)

 

私が砂浜を歩いて貝殻を探しているとしたら

孫さんは衛星から新しいビジネスの投資先やアイディアを地球全体を

見て探しているのです。

 

私の脳は孫さんの脳になれないのか?

実は、結果を言えば「なれる」のです。

トレーニングを継続するとこの脳の使い方と処理速度が可能になるそうです。

今の凝り固まった考えを捨てて

トレーニングを継続できれば私の脳だって攻めの創造脳になるそうです。

 

できる人と凡人の私の違いはけっこうシンプル。

やるか?やらないか?

できると信じているか?できないと思っているか?

継続できるか?断念するか?

 

常に選択肢を「やってみる」に調整中の私です(^^)

今は1日144時間訓練中。

 

 

 

孫正義 300年王国への野望

孫正義 300年王国への野望

 

 

 

孫正義社長に学んだ「10倍速」目標達成術 (PHPビジネス新書)
 

 

 

孫社長にたたきこまれた すごい「数値化」仕事術

孫社長にたたきこまれた すごい「数値化」仕事術