大人の思春期・光ブログ

妄想力と酒と笑いだけを持って人生を冒険中

自己啓発書の定番「思考は現実化する」の誕生と社会進化論に狂じた大富豪たち【まだ序】

f:id:mousoumajyo:20171013184746p:plain

自己啓発は好きだが集団になると怖い・・の続きですが

まだまだ【序】から抜けられません。

 

この本がね、、

結構軽快な語りの癖に出だし重めです。

 

 

故に今回はこの本の序章の前段階までしか読んでみたこの思いを書けないかも・・・

すいません。文章まとめ力低いのです・・よかったら読んでください。

 

 

ナポレオン・ヒル著「思考は現実化する」誕生のきっかけ

なんと!まだナポレオン・ヒル氏が若き新聞記者だった頃に

アメリカの大富豪アンドリュー・カーネギー氏の晩年に出会い

体系的な成功哲学の本を書くように勧められたことがきっかけだそうです。

 

そして20年の歳月をかけ500人の成功者にインタビューしてできた本が

『Think and Rich』です。直訳すると「考えてお金持ちになる」ですが

日本では「思考は現実化する」と題され広まった。

 

今では自己啓発のバイブル的な超有名作ですよね。

 

 

 

 

 

ですがここからなのです。

ちょっと重くるしい話になっていきます。

 

 

成功者たちの愛した社会進化論の闇

この当時の成功者がどんな思考だったか?

が現在の自己啓発書のバイブル的の基礎になっているのですから

ここが大事になってきます。

 

カーネギー氏はもう言わずと知れた大富豪で鉄鋼王であり

人生の晩年を慈善事業に捧げた偉人ですが

社会進化論の熱烈な信者であったとも知られている。

 

この社会進化論って言うのがなかなか曲者で

ちょっと富裕層や特権階級とか(白人)とかが優れた人種って目線を

プンプンさせるところがあるんですよね。

 

社会進化論とは

19世紀英国の哲学者ハーバード・スペンサーが唱えたもので、

ダーウィンの進化論を人類社会に当てはめたもの。

 

生物の進化のよう社会の進化も単純で野蛮なモノから高度な西欧文明に向けて進化すると考えた。

そしてアフリカやアジアや新大陸の原住民は未開で劣っているのだから

進歩的自由主義者たるヨーロッパ人は彼らが正しい「進化」の道を歩むように教導する義務があるとした。

※残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法・・より

 

f:id:mousoumajyo:20170905153447p:plain

なんかむかつくぜ!!

なんだこの選民思想!!

勝手に導こうとすんなよ!!!

※以上 アジア人の個人的意見でした。

 

ですがこの社会進化論はアメリカやヨーロッパで大流行するんですよ。

指導層や富裕層に都合がいいから。

 

んでこのスペンサー君はもっと過激なんです。

「慈善家が貧しい階級を救済すると社会で淘汰されるべき劣った弱者により

社会の進化が妨げられる」

っつーおいおいおいおいっっていう乱暴なこと言っちゃうんですよ。

 

でも大富豪たちは弱肉強食で強い者だけが生き残るのが社会の仕組みって

学者が言うのって好都合なんですよね。

自分たちがどんなに成功して貧富の差が拡大しようとも

それが「自然の摂理であり、より良い社会への進化」って言えちゃいますから。

 

20世紀には社会進化論は表から姿を消す

もうこのイラっとする社会進化論ですが

数々の歴史的大虐殺が起こり

ヒトラーユダヤ人やロマ人の大量大虐殺

スターリン時代の大粛清

毛沢東文化大革命

ポル・ポトの虐殺

 

表から姿を消す。

ですがこの思想は表から姿を消しただけで根深い闇を今も落としているといえる。

 

優秀な進化にふさわしい強い民族だけが生き残り

他は淘汰されていく。

これが資本主義や市場経済においては

弱肉強食・社会は不平等で当たり前で努力しない貧者を救済することは有害。

そんな考えが今のアメリカ社会でも根付いている考えとなっている。

 

こういった背景を持つ成功者たちの成功哲学

表裏がすげーーーー!

というのが私の率直な感想です。

と、同時になんとなく綺麗ごとが並ぶ自己啓発書のイメージも納得できたり。。。

 

でも今まで私が読んできた自己啓発書の内容は

綺麗ごとや理想論的に見えるけども確かに個人の可能性は広がるし

自分を信じて自信をもち、高めていけばもっと自分の理想の生活は

実現できると思える。

それには計画と行動は必須ですけど。

 

酷い自己啓発本やセミナーなどですと

この「計画して行動を成功するまで継続していく」部分を

ごっそり削って

「マインドチェンジ」「想えば叶う」みたいな方向に行ってますからね。

 

 

盲目的に信じないで自分でしっかり考えながら活用すべし

という結論に達しました。※とりあえず現段階ではね

 

「残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法」を読んでいくと

自己啓発のもっと残酷な現実が見えてきます。

 

でも自分になんか使えそう!ってところだけ取り入れる

くらいの気持ちでいる限りは役立つと思います。

 

世界の富を占める2割の富裕層や支配層の作った仕組みの中でも

自分のより良い生活くらいはいくらでも実現できると思いたい。

 

 

 

残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法

残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法