大人の思春期・光ブログ

妄想力と酒と笑いだけを持って人生を冒険中

「ねほりんぱほりん」で腐女子についての理解がふかまった~「妄想力は幸せ上手」

f:id:mousoumajyo:20170925101400p:plain

なるほど!

なるほど!

 

実際に私もBL漫画も読むし、友人に腐女子と自称する者も多いので

なんとなく「BLが好きな女子」って認識しかなかったんです。

人が何を好であっても自由と思っているので

「なんで好きなの?」という疑問は持たないできたので。

 

というよりも

私は腐女子友達ができるよりも前に新宿二丁目で遊んでいたので

そこでできた友達たちの恋模様も見てきたのです。

私の感想としては

「恋愛対象が異性か?同性か?とかどっちでもいいし、恋愛の内容自体はどっちも一緒。愛情や嫉妬や片思いや両想いやデートなんかも違いはないなー」

としか思っていませんでした。

 

もっと言えば「人を特別な感情で好きになれるならそれだけで凄い!」って思っていたんですよね。18・19歳の頃の私は特に恋愛にドライだったので。

 

例えば私が女だから男性を好きになるというよりも

私の好きになった人が男性だったってだけの話なんだと理解してました。

 

女性男性で分けなければ恋愛対象は一気に2倍に増えますしね。

でも好きになる人はひとりなわけで、その人が存在するだけでいい。

性別はどっちでもいい。

 

こういった見解というよりは私の思想かな??

 

しかし、今回 「ねほりんぱほりん」の腐女子の回をみて

もっと彼女たちの「BL」というモノへの感情や愛情が何なのか?

以前より理解できました。

 

 

f:id:mousoumajyo:20180112133309j:plain

ウシ澤さんがしっかり導入部を案内してくれた。

 

f:id:mousoumajyo:20180112133409j:plain

大事な愛蔵書を持参してくれた粋な腐女子3人衆

 

f:id:mousoumajyo:20180112133454j:plain


f:id:mousoumajyo:20180112133532j:plain

相変わらず再現力の半端ないEテレ!!

 

f:id:mousoumajyo:20180112133621j:plain

左手から40代・30代・20代の腐女子のみなさん

f:id:mousoumajyo:20180112133840j:plain

みなさんもBL読めばけっこうはまると思いますよ。

中身は恋愛漫画ですから。

そこに葛藤などが加わる。

 

f:id:mousoumajyo:20180112134015j:plain

恋愛ドラマとかじゃ楽しめないの?

の質問に感情がむき出しになるこのブタ人形の表現すごい!!

心のワナワナがっ見事に表現されている。

 

f:id:mousoumajyo:20180112134153j:plain

自分を投影するのではなく

俯瞰で眺める・・というか透明になってその世界をのぞく感じなのかもしれない。

と気が付き始めた私。

 

f:id:mousoumajyo:20180112134307j:plain

なるほど!

なるほど!

これが一番納得いった。

 

更には男性同士でなくともあらゆるものでBL妄想楽しめるという話で更に理解が深まる。

 

f:id:mousoumajyo:20180112134457j:plain


f:id:mousoumajyo:20180112134519j:plain

こういった妄想が最高に脳に快楽をもたらすんじゃないか・・と理解。

彼女たちが受け・攻めなどあと行為に対して反応するのも

愛の最高の状態がセック〇だからみたいなこと言っていたので。

なるほど。

f:id:mousoumajyo:20180112134824j:plain

男と男の恋愛や行為にいたる一連の葛藤や関係をのぞくことで

人が本能的にもつ子孫繁栄の使命ゆえに男女間の愛が大きく善とされている長い歴史の世の中で背徳感に似た恍惚な感覚があるのかもしれない。

 

あと私も映画「ベニスに死す」をみて ビヨルン・アンドレセンに恋する主人公のおじさん見た時に 「天使に恋した中年男性」という姿をみて

とても高尚なものに見えたんで、この感覚が女性には基本的に備わっているのかもしれない。

 

ともかく

「妄想で幸せな時間を自分で創りだせるってことは最高じゃないか!」

と思ったわけです。

 

この話はちょっとつづく。

 

 ランキングに参加しております。よろしくお願いいたします。


クリエイティブライフランキング