大人の思春期・光ブログ

妄想力と酒と笑いだけを持って人生を冒険中

正論を武器に弱っている人を叩く人はこの世を正論が当たり前の成熟した社会にしてからにしてほしい件

f:id:mousoumajyo:20171110155149p:plain



今日はちょっと酔っているので最近あったモヤモヤを吐きだしたいと思います。

乱文、乱暴な物言いをお許しください。

 

私が人生の落ち込み期から立ち上がって思う事を書いた

ここではない別のネット上での出来事ですが

「それは因果応報です、あなたのそれまでの行いが結果として返ってきているのです」

みたいな書き込みいただいたんですよ。

 

この通りすがりのコメントにはその方のいいたい事も分かったので

「感謝と共に今後精進します」と返しましたが

私と同じ目にあった人のために言っておきたい事があります。

 

 

この方のいいたいことはめちゃくちゃわかったんですよ。

だって私は40年間以上、「性善説」信じて生きてましたし、

自分の欲を抑え人のために尽くすこと私利私欲は我慢すること、

慎ましく欲に流されず生きることを美徳と信じて生きてきましたから。

※もちろん幼少期や思春期などわがままだったり至らないところも多かったことは自覚、反省しています。

 

疑いもせず社会に洗脳されていたといってもいいですけど。

 

このコメントくださった方のおっしゃることがめちゃくちゃわかっちゃうくらい

凹み期には「引き寄せの法則」や「自分原因説」の本を読み救いを求め

更に「まだまだ私の得が足りないんだ、与えることが足りないんだ、見返りをどこかでもとめているからだ・・」と自己犠牲に励んでいたんですよ、私。

 

 

だから求める人ばかり寄ってきてはすべてを与え、

弱い者は全力で守り3倍働いてきました。

 

それで、結局気がつけば自分を犠牲にして人の為にと動くと

善人ではなく「搾取方の人間が寄ってくる」という事だったんですよ。

 

だから確かに

「いい人であれば救われる」

「人に尽くす生き方は正しい」

「いい人であれば愛される」

という下心から 自分の人生で関わるべき人を選択してこなかったこと、

根底では見返りを求めての親切や自己犠牲だったことは自分でも恥じていますが

見ず知らずの通りすがりの人に

 

「因果応報」とコメントされたことに結構ショックうけました。

私が誰かを騙して、誰かを利用して、誰かから平気で搾取して

平然と生きてきてその結果 利用され搾取さて落ち込んでいるなら言われても

仕方ないと思います。

 

でも、私がどれだけ性善説や引き寄せ信じて自分よりも他人の利益のため

撃義ていたかも知らない人に「善因善果」と言われたことで

私は確信しました。

 

この世は、少なくとも今の世の中は

性善説」や「正論」が通じるほど成熟していないんだと。

 

例えば「いじめの加害者にいじめられる方にも原因がある」という人は

「因果応報」理論なのかもしれませんが

私から言わせてもらえれば「そんなわけねーだろ!」

 

「この世界は人に迷惑かけても何とも思わない人もいる」

「現実も正義も正しい生き方も個人個人の認識による」

これが真実だと思いますし、

私はこの言葉を知って救われました。

 

「あーそうなんだ」と納得しました。

 

「因果応報」「すべては自分の行動の報いである」という正論で

弱っている人を殴る人はカラマーゾフの兄弟の大審問官の箇所を読んで感じて欲しい!

 

「何の罪のない子どもたちが実の親に虐待されながらも

明日には親の愛を受けれることを信じて無実の涙を流して寝ていること」

これも神が与えた罰だというのか?!

 

虐待に耐え朽ち果てていく無罪の子供たちも

いじめにあって辛い思いを耐えている子供たちにも

「因果応報」と言えるんでしょうか?

 

正論で裁くにはこの世界はまだまだ成熟していないのです。

 

 

人びとがこんなにも世界中で神を信じ、神にすがるのも

理不尽なことに耐えるのに神の存在が必要だからです。

 

 

なので正論を振りかざして、弱っているのもを叩く人は

覚悟をもってその行いをするか?

その正論が通じる世の中にしてからにすべきではないでしょうか?

 

この世から神の存在が無くも大丈夫なくらい満たされた善人だけの世の中を

実現してから正論で説教してほしいです。

 

私はめちゃくちゃなんだかんだ図太く、しぶといので大丈夫ですが、

理不尽さに耐えいる人を正論で叩き殴り追い込んだ時その人がどうなるか? 

その責任は誰にあるのか?

少し考えてみるのも人生無駄ではないのではないでしょうか?

 

 

今日は乱暴で凶暴な日記ですが

私も正論が通じる世の中になってほしいと心から思っています。

是非、期待しております。

 

 

 </p
クリエイティブライフランキング