大人の思春期・光ブログ

妄想力と酒と笑いだけを持って人生を冒険中

未来人にバカにされた話の補足・時間を超える感覚

f:id:mousoumajyo:20171027112410p:plain

どうもなぜか先日未来でバカにされた話書いた後アクセスが伸びまして

ちょっと時間を超えることに興味がある方に向けての補足。

 

 

mousoumajyo.hatenablog.com

 

この投稿の補足です。

 

 

時間を超えて未来に言った時の感覚のポイント

 

・バスで移動中だったこと

・大きな地震か何かで高速道路(高架橋)がぐずれてバスの走る道がどんどん削られていたこと

・道が無くなって落ちる(><)と思ったけどふわっと飛びながら前進しているように

前に見える道路に着地すというのを繰り返していたこと

 

がポイントだと思います。

先の投稿では

「破壊の最中では時空間が歪むっぽい」と書きました。

が、これだけではポイントが不十分であり半分だと後から気が付きました。

 

もう半分をしめるポイントは

「高速で移動していたこと」だと思います。

そしてあの無い道を浮くように走っていたことから想像しますと・・・

8km/s という円軌道に乗る速度に近かったんではないか?と勝手に思っています。

 

移動していたというよりは「運動していた」と言ったほうがいいのか?

エネルギーが大きかったというべきか?

まーとにかくある程度のスピードが必要であろうと思います。

 

 

この未来人に電気自動車をバカにされた日以外で言えば

小さいころから現在まで毎晩見る夢の中ではいくつか把握している地理があって

その中でも何か大きく空間が変わるときは「落ちる」んです。

落下した先が別空間ってのは何度も体験しているんで。

 

 

たぶん運動しているってことが大きく関係しているんではないか?

と思っています。

 

f:id:mousoumajyo:20171110155149p:plain

なんのこっちゃ?

と思う方はそのままスルーしてくだるとありがたいです。

 

 

それでは(^^)

最近インスタをはじめまして

好きな酒と食だけで今のところ

元々の知り合いゼロから見知らぬ人と交流楽しんでいます。

 

 

 


クリエイティブライフランキング